カテゴリ:映画( 10 )

プレミア・スクリーン

阪急西宮ガーデンズのシネコン(TOHOシネマズ)には、プレミア・スクリーンというのができました。
(携帯で撮ったので、画質悪くてすいません。<(_ _)>)
e0131113_1854170.jpg

ちょうど、「地球が静止する日」が、このスクリーンでやってたので、さっそく入ってみました。

向って右側が、ペアシートのカップル席。左側がシングルシートです。
ふわふわのシートで、リクライニングもできて、ぼくでも足がめいっぱい伸ばせます。
めっちゃ快適でした。(^_^)

このシート、ポップコーン付きで、2400円です。
ちょっとスクリーンが小さいのが残念だけど、
ポップコーン代を考えると、この快適さで、この値段は安いです。

まあでも、結局、高いか安いかは、観る映画によるだろうけどね。(^^ゞ
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-12-22 18:59 | 映画

地球が静止する日

地球が静止する日、新しい、阪急西宮ガーデンズのシネコンで観てきました。
19日には、実際にキアヌが西宮ガーデンズに来てたらしいね。



この映画、1951年に作られた「地球の静止する日」っていう映画のリメイクなんですね。

感想は...これから観る人もいるだろうから詳しく書きませんが、
つっこみどころ満載の映画です。(^_^;)
キアヌが好きな人と、暇な人にはお勧めですね。
まあ、予告編が全てです、って感じかな。(^^ゞ

あっ、個人的には、ジェニファーコネリーが久しぶりに見れたのがうれしかったなぁ。


[PR]

by blue_sky_masa | 2008-12-21 17:52 | 映画

DRAGONBALL EVOLUTION

皆さん、もう見たと思いますが、ドラゴンボール実写版の予告編が解禁です。



どこを見ても、ダメダメじゃ~
亀仙人も悟空もブルマもイメージと全然違うし、
ピッコロには角がないし、カメハメ波のポーズもイマイチだし...
ホントに3部作にするのか?
チャウシンチー制作なら、真面目に作らなくても、思いっきり馬鹿げたものにした方が、まだ面白かったかも。

観に行かない可能性大です。(^_^;)
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-12-17 21:11 | 映画

容疑者Xの献身

e0131113_1730751.jpg

今朝は、少し天気が悪かったので映画へ。
(映画館出たら晴れてたけど...(^_^;))

容疑者Xの献身」は、月9ドラマ「ガリレオ」の映画版です。
ガリレオをずっと見てたので、映画も楽しみにしてました。

ガリレオは、東野圭吾の小説を1話完結でドラマ化してましたが、
「容疑者Xの献身」も同じく、東野圭吾の小説の映画化です。

東野圭吾原作ということで、ストーリーは文句なく面白いです。
トリックも、謎解きも面白かった。

でも、映画ということで、ドラマよりはお金をかけたシーンが多いというだけで、
べつにわざわざ映画で見るほどのものではないかな...って感じ。
テレビのスペシャルドラマでも十分だったかも。

予告編はこちらです。
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-10-11 17:44 | 映画

20世紀少年 第一章 降臨

e0131113_1551558.jpg

20世紀少年」、初日に見てきました。
予告編はこちら

感想は、単純におもしろい。
原作がベストセラーコミックなので、ストーリーが面白くないわけないですね。
映像も、CGを含めて丁寧に作ってあって、見ごたえありました。
テンポもよくて、142分という長い上映時間も気にならず、あっという間でした。

ぼくは原作を読んでないのでわかりませんが、
大々的に特集している、キネマ旬報9月上旬号によると、
第一章は、原作を忠実に完璧に再現したそうです。
キャストも、原作のキャラクターにそっくりな俳優を選んでるし、
カット割りから小道具まで、原作そのもののシーンも多いらしい。
原作を読んだ人にも納得してもらいたかったということでしょうか。
原作者の浦沢直樹氏も、大満足だそうです。

でも、第二章、第三章は、原作から離れるという噂もあります。
第二章は、来年1月31日公開...もっと早く見たいなぁ。
といって、今から原作を読むっていうのも、なんかイヤだしなぁ...

そうそう、もし見に行かれる人は、エンドロールの途中で席を立たないでください。
エンドロールの最後に、第二章の予告編が流れます。


さて、ぼくの行くシネコンは、TOHOシネマズなんですが、
TOHOシネマズの会員になると、映画を6本見ると7本目が無料になります。
今日は、その7本目の日でした。なんか超得した気分。(^_^)
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-08-30 15:51 | 映画

闇の子供たち

e0131113_15331128.jpg

3週連続の映画、今回は「闇の子供たち」という映画です。

ぼくは、蒼井優の次に好きなのが、宮﨑あおい。
もちろん「篤姫」も観てます。(^_^)
mixi に、「蒼井優×宮﨑あおい」というコミュがあるくらい、この2人を共に好きな人は多いようですね。

今回は、宮﨑おおい出演の映画です。
といっても、宮﨑あおいを目的に観にいったのではなく(舞台挨拶もないし(^^ゞ)、
めざましテレビの軽部アナが、「今年最も衝撃を受けた映画」と言ってたのを聞いて、観に行きたくなりました。
実際、あのキネマ旬報でも大絶賛しているようです。

さて今回も、ミニシアター(梅田LOFT地下のテアトル梅田)での鑑賞です。

感想は、とにかく最初から最後まで、圧巻の映画でした。
タイでの幼児売買春、臓器売買と、それを追うジャーナリストとNGOというストーリーですが、
まず、内容が衝撃的。
幼児売買春の様子もすごいですが、
臓器移植のドナーに、生きた幼児が使われているということには驚きです。
健康な幼児が、生きたまま心臓を取られるのです。
そんな幼児売買春や、闇の臓器移植には、日本人が深く関わってるっていうのが悲しい。

江口洋介や宮﨑あおい、妻夫木聡ら、有名俳優が出てるにもかかわらず、
タイの子供たちの悲しい目や、周りのエキストラを見ると、
ドキュメンタリーかと錯覚してしまうほどでした。

そして、衝撃的なラストに、さらに驚かされます。
最後に流れる、桑田佳祐の歌で、泣いてしまいました。

軽部アナの言うとおり、今年最も衝撃を受けた映画でした。

予告編はこちら
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-08-02 16:03 | 映画

ハプニング

e0131113_141226100.jpg

2週続けての映画です。今日は朝一で行ってきました。

M・ナイト・シャマラン監督作品です。
シックスセンスは面白かった。あれだけラストに衝撃を受けた映画はありません。
ホラー映画といったジャンルを分けなくても、いままで見た映画のTOP10に入る作品です。

その後、アンブレイカブル、サイン、ヴィレッジ...と、期待はするものの...
ダメですなぁ。

今回は、予告編で人が大量に死んでいく...というのはわかってたので、
その原因が何なのか、どんな衝撃的なラストが見れるのか、懲りずに期待したのですが...

やっぱり、シックスセンスを超える作品はもう作れないのかなぁ。

しかし、ポニョとポケモンの人気はすごいですね。
映画館が、子供で埋め尽くされていました。
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-07-26 14:26 | 映画

百万円と苦虫女

e0131113_1922371.jpg

今日は、いつものシネコンとちがって、梅田のミニシアターへ。
蒼井優主演の「百万円と苦虫女」を観に行きました。

今日はなんと、蒼井優の舞台挨拶付き~ヽ(^o^)丿

席は4列目の真ん中付近というベストポジション。
しかもミニシアターなので、よけいに近く見れました。
残念ながら写真は禁止だったので、撮れなかったけど、
蒼井優、顔、ちっちゃ~い。
キレイだ~
かわいすぎる~

大満足じゃ~(^_^)

映画の方も、主演が蒼井優と決まってから脚本を書いた、
つまり、蒼井優のために作った映画ということで、
蒼井優の魅力をめいっぱい魅せる映画で、面白かったです。

舞台挨拶を見るのは初めてだったけど、いいもんですね~
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-07-20 19:09 | 映画

インディ・ジョーンズ クリスタル・スカルの王国

e0131113_20351571.jpg

観に行ってきました。
インディはやっぱりインディでしたね。2時間があっという間でした。
いままでの作品と比べでどうだったか、は置いといて、文句無く面白かったです。

ただ、完全に、いままでの作品の続編的なストーリーになってるので、
いままでのインディをあまり観てない人は楽しめないかも。

そういや、映画館で洋画を観たのは、かなり久しぶりでした。
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-06-28 18:32 | 映画

少林少女

e0131113_18484770.jpg
今日は朝から雨だったので、久しぶりに映画を見に行くことに。

何を観るとも決めずに映画館に行ったら、ちょうどいいのが「少林少女」でした。

柴咲コウは、めっちゃ練習したんだろうなぁ...と関心してしまいます。
それくらい、カンフーシーンについては、文句なしによくできてます。
このへんは、さすが完璧さを求める「踊る大捜査線」の本広克行監督ですね。
「少林サッカー」の俳優が出てたのも笑えたし、そのほかにも笑い所はいろいろありました。

でも、チャウ・シンチーが製作総指揮にしては、ちょっとキレイにまとまり過ぎてる感じ。
チャウ・シンチーの「少林サッカー」や「カンフーハッスル」のような
ハチャメチャで、ありえね~感じがあまり観られなかったのはちょっと残念。

もしかしたら、「少林老女」の方が面白いかも!?
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-05-10 19:14 | 映画