2008年 02月 29日 ( 1 )

惑星X

e0131113_1220329.jpg
e0131113_16162572.jpg

惑星X、昨日は全国ニュースのトップでも報じられてましたね。

海王星軌道よりも外側の領域に多数見つかっている
太陽系外縁天体(TNOs)の軌道分布には、いくつかの謎がありました。
円軌道のTNOsが50天文単位付近よりも遠いところに見当たらないのはなぜなのか。
海王星の影響が小さい50天文単位以遠に大きくゆがんだ軌道や
大きな軌道傾斜角を持つTNOsがあるのはなぜなのか。
これらを矛盾なく説明できる定説はこれまでありませんでした。
今回、TNOsの軌道進化の数値シミュレーションを行う際に、
未知の惑星Xの存在を仮定すると、現在の軌道分布をうまく説明できたということです。

発見されるまでには5年~10年かかるといわれてますが、
公転周期1000年の楕円軌道の惑星X、発見には運も必要でしょうね。

宇宙はやっぱりおもしろい。
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-02-29 12:41 |