20世紀少年 第一章 降臨

e0131113_1551558.jpg

20世紀少年」、初日に見てきました。
予告編はこちら

感想は、単純におもしろい。
原作がベストセラーコミックなので、ストーリーが面白くないわけないですね。
映像も、CGを含めて丁寧に作ってあって、見ごたえありました。
テンポもよくて、142分という長い上映時間も気にならず、あっという間でした。

ぼくは原作を読んでないのでわかりませんが、
大々的に特集している、キネマ旬報9月上旬号によると、
第一章は、原作を忠実に完璧に再現したそうです。
キャストも、原作のキャラクターにそっくりな俳優を選んでるし、
カット割りから小道具まで、原作そのもののシーンも多いらしい。
原作を読んだ人にも納得してもらいたかったということでしょうか。
原作者の浦沢直樹氏も、大満足だそうです。

でも、第二章、第三章は、原作から離れるという噂もあります。
第二章は、来年1月31日公開...もっと早く見たいなぁ。
といって、今から原作を読むっていうのも、なんかイヤだしなぁ...

そうそう、もし見に行かれる人は、エンドロールの途中で席を立たないでください。
エンドロールの最後に、第二章の予告編が流れます。


さて、ぼくの行くシネコンは、TOHOシネマズなんですが、
TOHOシネマズの会員になると、映画を6本見ると7本目が無料になります。
今日は、その7本目の日でした。なんか超得した気分。(^_^)
[PR]

by blue_sky_masa | 2008-08-30 15:51 | 映画

<< 今日のベランダから なぜ? >>